ABOUT MACAマカの歴史、国産マカについて

HISTORY OF MACAマカの歴史

今からおよそ500年前の16世紀、スペイン軍がインカ帝国征服のために南米を訪れたとき、厳しいアンデスの高地に暮らす人々が過酷な自然環境のなかでも元気な人が多いことに気がつき、馬にマカを食べさせました。するとマカを食べた馬がたちまち元気になり交配をして子供を何匹も産んだことから、マカはスペイン人兵士の間で闘う戦士の活力源として重宝されるようになりました。

インカ帝国から現代のペルーへと時代は移り変わっても、マカは健康意識の高いペルーの老若男女の人々の間で、料理や飲み物に入れて食されています。近年では、アメリカをはじめとする欧州や、日本及び中国を中心としたアジア圏からも注目を浴びるようになり、健康食品に加工され愛用されています。
現在原産国であるペルー政府にとって、マカは外貨を稼ぐ貴重な資源となっており、マカは国外に持ち出すことが法律で禁止されています。インカ帝国から現代のペルーへと変わっても、マカはアンデスの人々を支え続けているのです。

マカの歴史

MACA(MADE IN JAPAN)日本産のマカについて

1.国内の生産者が種から大事に栽培した、安心安全なマカ。

マカはペルーの標高4,000m以上の低酸素・強烈な太陽と氷点下の厳しい環境で栽培される根野菜。 日本でマカを栽培するのは不可能といわれてきましたが、高度な知識と経験を持つ農業団体が、約20年の失敗の繰り返しの中から栽培期間中に農薬を使用せず、高品質なマカを生産する方法を確立しました。

2.注目の「アルギニン」が豊富。

ペルー産粉末と比較して日本産マカは、注目のアミノ酸の中の元気の素『アルギニン』、女性に嬉しいコラーゲンの素『プロリン』、アミノ酸の母『リジン』、心と身体を穏やかにする『ギャバ』を数倍多く含有することがわかっています。元気にあふれ、活力みなぎり、若々しい毎日を過ごしたい方へおすすめの成分です。

3.注目の「ベンジルグルコシノレート」が豊富。

日本産マカは”マカの不思議なチカラの源”といわれ注目を浴びている活性成分の『ベンジルグルコシノレート』を、ペルー産の粉末から抽出した高価なエキスよりも数倍保有。また、ペルー産の粉末と比べると、数十倍含有しています。

4.国内で生産しているから新鮮。

種まきから収穫、加工まで国内でおこなうことで、新鮮なマカを提供しています。

マカの歴史 マカの歴史

13倍のアルギニン、2.4倍のプロリン!
注目成分の含有量

活動的な体を維持するために必要なアミノ酸の一種『アルギニン』が、ペルー産粉末と比較して、約13倍含まれています。
またコラーゲンの素『プロリン』が約2.4倍含まれており、女性に嬉しい成分をたっぷり含んでいるのも特徴です。
アルギニン(粉末100g中)
アルギニン
ブロリン(粉末100g中)
ブロリン

ベンジルグルコシノレートって何?

グルコシノレートは、カラシ、わさび、大根、ブロッコリー等のアブラナ科に含まれている活性成分(ファイトケミカル)です。アブラナ科の野菜には脂肪族のグルコシノレートが含まれており、マカには芳香族(ベンジル)のグルコシノレートが含まれています。この成分である『ベンジルグルコシノレート』がマカの大きな特徴ある成分として国内外で注目されています。
ベンジルグルコシノレート
(粉末100g中)
ベンジルグルコシノレート

日本産マカの成分分析表

日本産マカ粉末の
「ベンジルグルコシノレート」
の検査結果

ベンジルグルコシノレートの含有率 2.2%
ベンジルグルコシノレートの含有量 2.2g
ペルー産マカ粉末から抽出した高価なエキス末は、通常0.4g〜0.6g/100g。
日本産マカ粉末のベンジルグルコシノレートの含有量は、ペルー産マカ粉末の十数倍です。
※上記データは平成24年12月に某研究所で検査した結果の一部を抜粋したものです。
ただし、日本産マカ粉末の全ての品質を保証するものではありません。

栄養成分
(g/日本産マカ粉末100g)

水分 4.2g
タンパク質 20.0g
脂質 2.0g
エネルギー 329kcal
植物繊維 21.1g
糖質 47.1g
灰分 5.6g
日本産マカ粉末のタンパク質含有量は、ペルー産マカ粉末の約2倍です。

アミノ酸の含有量
(mg/日本産マカ粉末100g)

アスパラギン酸 1050mg
スレオニン 460mg
セリン 470mg
グルタミン酸 2200mg
グリシン 360mg
アラニン 460mg
パリン 560mg
システイン 160mg
トリプトファン 100mg
メチオニン 120mg
イソロイシン 320mg
ロイシン 450mg
チロシン 230mg
フェニルアラニン 310mg
ギャバ 262mg
ヒスチジン 290mg
リジン 540mg
アルギニン 2560mg
プロリン 5850mg
日本産マカ粉末は、アルギニン(元気の素) ・ プロリン (コラーゲンの素) ・ リジン (アミノ酸の母) ・ ギャバ (心と身体を穏やかにする) を、ペルー産マカ粉末に比べ数倍多く含有しています。

ミネラル成分の含有量
(mg/日本産マカ粉末100g)

Na (ナトリウム) 39.7mg
Mn (マンガン) 0.69mg
Ca (カルシウム) 312mg
Mg (マグネシウム) 94.3mg
Fe (鉄) 3.26mg
Zn (亜鉛) 2.53mg
P (リン) 397mg
Cu (銅) 0.67mg
検査データに関する証明書は掲載しておりませんが、詳細を把握したい場合はこちらからお問い合せください。

成分・検査結果報告書

「(株)食環境衛生研究所 調査結果報告書」「(株)MASIS 分析結果証明書」より抜粋
※日本産マカ/ペルー産マカ粉末全ての品質を保証するものではありません。